人前式

人前式とは?他のスタイルとの違い・メリット・デメリット・進行の紹介

 

 

結婚式のスタイルとして、『神前式』や『キリスト教式』、『仏前式』などもありますが、『人前式(じんぜんしき・ひとまえしき)』も最近注目されています。

『人前式』は神様ではなく、親族や知人、友人の前で結婚を誓い、結婚証明をするものです。

他のスタイルと比較したときのメリットやデメリット、また『人前式』の進行でどんななの?ということについて紹介します。

人前式のメリット・デメリット

人前式のメリット

・宗教や格式にとらわれない

・形式や場所は自由

・挙式費用が安くなることも

他の挙式スタイルと比べて、無宗教にすることができることや、ある程度自分たちの思うように進行をすすめることができます。個性的な演出も可能。

結婚式の会場のスタイルにとらわれずにどこでも『人前式』が実施できるといったところも魅力です。

また、牧師さん等を用意する必要がなくなることから、式場によってはその分の費用が安くなる可能性があります。

人前式のデメリット

・なじみのない人も多い

・自分たちで準備することが増える

まだまだ人前式について馴染みの薄い方も多いので、人前式をする場合はお互いの親にきちんと説明し、了承してもらいましょう。

このあとの進行例を見ていただくとわかりますが、『二人で考えてきた誓いの言葉』や『結婚誓約書』といった前準備をする必要があります。他の結婚式準備が忙しい中での準備となることを理解しておきましょう。

人前式の進行例

人前式の進行例を以下に示しますが、誓いの言葉や婚姻届の署名などのセレモニー要素はぜひ取り入れておきたいところです。

①列席者入場
⇒列席者は結婚の承認として受付時に結婚証明書にサインをします。

②新郎新婦入場
⇒列列席者に迎えられて、新郎新婦が入場します。

②開式の言葉
⇒司会者が開式を告げて新郎新婦を紹介する

③誓いの言葉の拝読
⇒列席者の前で、二人で考えてきた誓いの言葉を読み上げます。

④指輪の交換
⇒新郎、新婦の順に結婚指輪をお互いの左手薬指にはめる。

⑤婚姻届もしくは結婚誓約書に署名
⇒事前に必要事項を記入しておいた結婚届または結婚誓約書(結婚証明書)に署名押印します。続いて列席者の代表者が署名押印します。

⑥結婚成立の承認
⇒司会者または列席者の代表者が新郎新婦の結婚を宣言します。列席者は拍手で応えます。

⑦閉式の言葉
⇒司会者が閉式を告げます。

⑧新郎新婦退場
⇒新郎新婦が退場して、続いて披露宴へ。

その他の演出の例

その他オリジナルで演出を盛り込むことができますが、例として以下のようなものがございます。

<ブーケ・ブートニア>
新郎がブーケでプロポーズ。 了承の証に新婦がその中の一輪をとって新郎の胸に刺します。欧米のプロポーズ感を演出。

<シンデレラストーリー>
入場の際、新婦の両親いずれかが最後の身支度として、ティアラを新婦の頭にのせます。シンデレラっぽく演出。

<水合わせの儀>
両家から水を持参して両家の水を合わせます。その水を新郎新婦が飲むことで、別々の水で育った二人が一つになることを表す演出。

<リングリレー>
長いリボンをゲストに持ってもらい、端から指輪を通し、ゲストに願いを込めながら中継してもらってリングピローまで運ぶ演出。

人前式の誓約書についてもおしゃれになってきています。


 

合わせて読みたい
 
知らないと損?ブライダルフェアキャンペーン概要

参加するだけでキャッシュバックがもらえるサイト概要です。もっともキャッシュバック率が高く、人気の2社を記載します。

ブライダルフェアに行く前や、会場見学の際には必ずチェックするようにしましょう。

<利用例>
『マイナビウエディング』に会員登録して会場のブライダルフェアを予約⇒実際に1件来店して説明を聞くと後日15,000円分の商品券がもらえます。

 

<マイナビウェディング>

マイナビウエディング
【キャッシュバック額】
・1会場参加 15,000円分
・2会場参加 5,000円分(合計25,000円分)
・3会場参加 10,000円分(合計30,000円分)
・4会場参加 5,000円分(合計35,000円分)

 

<Hanayume(ハナユメ)>

【キャッシュバック額】
・1会場参加 15,000円分
・2会場参加 10,000円分(合計25,000円分)
・3会場参加 5,000円分(合計30,000円分)