ブログ

新入社員でも結婚したい!新卒で結婚してみた

社会人として新しい生活が始まるのと同時に、結婚をしたい!と考える人も少なからずいるでしょう。

私たち夫婦も、妻が社会人1年目・夫が社会人2年目で入籍しました。

結婚することは悪いことではありません。むしろ喜ばれ、祝福されることだと思っています。

しかし新入社員や若手社員で結婚をするのは、会社にとって迷惑なのではないか…と不安に思ってしまいますよね。

今になってみれば早く結婚してよかったって思うけど、あの頃は申し訳なさでいっぱいだったなぁ
嬉しいことなんだけどやっぱり会社の人の目が気になるよね

今回の記事は、実体験を中心に新入社員で結婚することについて書いていこうと思います。

日本人の平均結婚結婚年齢は?

2017年の厚生労働省の調査よると、平均初婚年齢は男性が31.1歳、女性は29.4歳という結果になっています。

近年は晩婚化も進んでいますので、新入社員ですぐに結婚というのはなかなか少ない事例なのかもしれません。

晩婚化が進んでいる要因はさまざまでしょうが、そのうちの1つが女性の社会進出でしょう。

学校を卒業後、女性も働くことが当たり前になっている世の中です。自分で働いているのでお金の面でも誰かに頼らなくてもよいですし、キャリアアップのためにすぐには結婚しない人も多いと思います。

今は娯楽がたくさんあるし1人でも充実した生活が遅れるよね
私も夫くんと付き合う前は1人で旅行してたな~

私の友人限定で言うと、既婚者は3人しかいません。そのうち社会人1年目で結婚したのは0人。社会人2年目で入籍した子が1番早いという結果です。

夫は年上ですが学生期間が長かったので、社会人経験で言うと私と1年しか変わりません。

そんな夫の友人はだいたい同じ年齢で結婚していますので、22歳で大学を卒業しているとすると、社会人4年~5年目で結婚していることになります。

平均初婚年齢よりは早いという結果になりますが、やはり会社の戦力になるような年齢になってから…という人が多いのかもしれません。

社会人1年目で結婚した結果

まず結果を先に言うと、「結婚してよかった!」と声を大にして言えます。

よかったと思う要因についてはこれから書いていきますが、私の友人にも親族にも早く結婚してほしいと思うくらい良い点がたくさんあります。

家事を分担してもらえる

家庭にもよるでしょうが、結婚するにあたって家事の分担をすることにしました。

働きながら家事をするって本当に疲れますよね(><)特に新入社員の時は仕事のことで頭がいっぱいで、家事が億劫になってしまいます。そんな中で少しでも負担を減らすことができたのは良い点だと言えます。

夫には3つの家事をしてもらうようにお願いしました。

  1. ゴミ捨て
  2. 洗濯物を干す
  3. 食器洗い

ゴミ捨てに関してはまとめるのは私なんですが、朝通勤前に集合住宅のゴミ入れに触りたくないのでかなり助かりました。

洗濯物や食器洗いは嫌ではないんですが、後片付け的な家事って面倒であまりやりたくありません。そこをフォローしてもらえたので夫がいてよかったなあと思いました。

金銭面で不安が少なくなる

女性の社会進出と言っても十分な稼ぎがあるとも限りません。

私は正社員で事務の仕事をしています。怒鳴り散らすようは上司もいませんし、お局みたいな人もいないので働きやすい環境ではあります。

ただ、家賃補助もありませんしボーナスも微々たるもの、お給料も上がらないため金銭的に安心できる状況ではありませんでした。

一方、夫の会社は家賃補助もあり、ボーナスも私の2倍以上あります。家賃補助のおかげで格安できれいな賃貸に住めているのでとても助かりました( ;∀;)

2人で生活するんだから1人暮らしよりお金がかかってしまうんでは…と思うかもしれませんが、実際はそんなにかかりません。

詳細については下記記事で例をアップしているので見てみてください☆

あわせて読みたい
独身よりも結婚したほうがお得?~結婚するメリット・デメリット~「結婚は人生の墓場」と言うくらいだから、メリットよりもデメリットのほうが多いんじゃないかと考えている男性もいるでしょう。 1人の時...
僕的には1人暮らしのほうがお金溜まってたと思うけどね
それわかっててプロポーズしたんだからね?

悲しいことや辛いことが半分になる

初めての場所で、初めての仕事、毎日満員電車…働き始めの頃は辛いことがたくさんあると思います。

私たち夫婦は私が入社する前から同棲していて、辛くても夫に話を聞いてもらうことができたので、精神的に追い詰められてしまうなんてことはありませんでした。

楽しいことや嬉しいことは2倍、悲しいことや辛いことは半分というようなフレーズは聞いたことがあるかもしれませんがまさにその通りです。

新入社員だからこそ、同じ家に帰ってきていろいろなことを共有できる夫や妻がいたほうが、精神面にはいいんじゃないかな~と私は思います。

あとは「こんな会社やめてやる!」と思ったときに支えてくれる人がいるというのはメリットだと思います。

1人で生活しているとどんなに辛くても今後の生活どうしよう…となってしまい、体力的や精神的に最悪な状態になるまで仕事を続けてしまいますよね。

実際にはそう簡単に辞めることはないかもしれませんが、次の仕事が見つかるまで無職になったとしてももう1人が働いているのでかなり心強いですよね。

ケンカもするけどやっぱり一緒にいると安心するよね
ブラック会社だけど家には味方がいるから落ち着くね

新入社員で結婚|会社にはいつ報告した?問題は?

冒頭で社会人1年目で入籍したと書きましたが、詳しく話すと入社して1ヵ月で入籍しました。入社前には結婚が決まっている状況でした。

ほんとに迷惑な話なんですが、4月1日の入社まで黙っていました(笑)隙を見て社長とお話しする時間を設けてもらい、入社したその日に来月入籍しますと伝えました。

なぜ黙っていたかというと内定取り消しもあり得ると思ったからです。特に私は女性なので妊娠してすぐ辞めるのでは…と思われることが内定取り消しにつながると思って、言い出すことができませんでした。

内定取り消しはなかったけれど…

入社してしまったので内定取り消しはありませんでしたし、表向きは社長も祝福してくれました。ただそのあと別のお偉いさんに呼び出され「妊娠の可能性があるか」尋ねられました。

会社としては折角とった新入社員がすぐ辞める状態を防ぎたいので、当然のことだと思います。

男性の新入社員が結婚することは、むしろ家庭があって仕事を頑張るんじゃないか?と思われるので問題は少ないように感じます。

ですが女性は妊娠する可能性があるので、会社によく思われない可能性があることを忘れないでください。

私たち夫婦は、子作りは何年か経ってからのつもりだったため数年はありませんとお話ししました。

納得はしてくれましたが、避妊していても妊娠することはあるので入社当時は怪しまれていたんじゃないかな~と思います。

少子化問題があるから、本当は妊娠することは悪いことじゃないんだけどね
新入社員で妊娠はこちらとしても申し訳ない気持ちになるよね

結婚報告はなるべく早めに済ませよう

いつまでに言わなきゃ…と悩んでしまうと思いますが、保険証の名前変更など手続きがあるので、早めに報告しましょう。

隠し通すことはできると思います。ですが、入籍後の事後報告のほうが印象は悪くなるのがなんとなくでもわかりますよね。

私の会社は奇跡的に優しい人ばかりだったので疎まれることはありませんでしたが、もしかすると厳しい反応をする人もいるかもしれません。

先にも書きましたが、女性の場合は妊娠する意思がないことを伝えるのも手だと思います。

そのためには夫とも今後の夫婦生活について話し合う必要がありますので、2人で人生設計を考えてくださいね。

さいごに

入社1ヵ月で入籍しましたが、私は早めに結婚してよかったと思います。

会社への報告はとてもドキドキしましたが特に大きな問題もなく、今でも同じ会社で働いています。

辛いことも楽しいことも共有できる家族がいることで、働き始めのストレスも軽減できたんではないかな~と思います。

僕も入社2年目だったけど支えがいることで仕事を頑張れたよ
早めに結婚したほうが人生設計も立てやすいしお金もたまるしね!

新入社員なのに結婚してもいいのかな…と悩んでいる人は、人生設計を立て今後も働く意思があることを伝えるようにしてくださいね。


 

合わせて読みたい
 
知らないと損?ブライダルフェアキャンペーン概要

参加するだけでキャッシュバックがもらえるサイト概要です。もっともキャッシュバック率が高く、人気の2社を記載します。

ブライダルフェアに行く前や、会場見学の際には必ずチェックするようにしましょう。

<利用例>
『マイナビウエディング』に会員登録して会場のブライダルフェアを予約⇒実際に1件来店して説明を聞くと後日15,000円分の商品券がもらえます。

 

<マイナビウェディング>

マイナビウエディング
【キャッシュバック額】
・1会場参加 15,000円分
・2会場参加 5,000円分(合計25,000円分)
・3会場参加 10,000円分(合計30,000円分)
・4会場参加 5,000円分(合計35,000円分)

 

<Hanayume(ハナユメ)>

【キャッシュバック額】
・1会場参加 15,000円分
・2会場参加 10,000円分(合計25,000円分)
・3会場参加 5,000円分(合計30,000円分)