\ あなたにぴったりのブライダルフェアを探せるツール /

ブライダルフェアは複数種類があります。以下の質問に答えるだけで、模擬挙式・模擬披露宴・試食会・試着会といった種類の中から、あなたにぴったりのブライダルフェアを見つけます!

Q1
結婚式のイメージが固まっている
結婚式の時期・日取り

【冬の結婚式体験談】12月に結婚式をするなら気を付けたいこと3選

12月に結婚式を挙げようと思っている人に向けて、冬の結婚式で気を付けなければいけないポイントをお伝えします。

私はゲストとして12月挙式に参加したことがあり、「ここをもう少し気を付ければ…」と感じた経験があります。

ポイントを抑えて結婚式づくりをしていけば、デメリットもカバーできますので参考にしてみてくださいね!

12月の結婚式は人気なの?

ゼクシィ結婚トレンド調査2018調べで1年間の結婚式実施率を調べてみました!

10月や11月のベストシーズンに比べると割合は少なめですが、真夏の8月よりは実施率が高いですね。

雪が降る季節になりますので避ける人も多いですが、都内や南のほうだと1月2月より平均気温が高いので、冬に結婚式をするなら12月がオススメです。

12月はクリスマスや大晦日があるため、結婚式ができる日程が少ないというのも、実施率がそこまで高くない要因になっています。

12月上旬ならまだ本格的な寒さになっていないから、月の初めに式を挙げたほうがいいかもね

12月の結婚式のメリット・デメリット

次に、12月に結婚式を挙げるメリットとデメリットをまとめていきます。デメリットは、ブライダルフェアに参加するときのチェックポイントにもなりますよ!

12月挙式のメリット

クリスマスをテーマに結婚式ができる

12月最大の特徴は、クリスマスをテーマに結婚式ができるということです!

クリスマスツリーを飾ったり、サンタさんの格好をしたり、赤いドレスを着たり、ケーキをプレゼント型にしたり…いろいろなアイディアが浮かんできますね。

結婚式のテーマが思いつかない人は、クリスマスのある12月に結婚式をすることで、統一感のある結婚式を作ることができますよ。

日時が抑えやすい

12月を選ぶ人が少ないため、好きな日時で抑えやすいです。クリスマスイブや当日、大晦日は控えたほうが無難なので、上旬や中旬から選ぶようにしましょう。

また、友人が結婚式をする月と被らないというのも、共通の友人にとってはありがたいポイントです。

安いプランがある

どちらかと言えば結婚式のオフシーズンに当たる12月なので、安いプランが提示されるようになります。

費用を抑えて結婚式をしたいなら12月はぴったりです。

浮いたお金で料理やドリンクのランクアップをすれば、ゲストにとってもいい結婚式になりますね。

12月挙式のデメリット

気温が低い

1月2月に比べて平均気温は高いですが、冬なのでやはり寒さを感じます。駅からの移動時間が長かったり、結婚式場で建物移動があると寒い思いをしてしまいます。

挙式会場や披露宴会場も、暖房対策は十分していると思いますが、広ければ暖まる速度も遅くなります。12月に結婚式をするなら、ゲストが快適に過ごせるような対策ができるかが重要です。

交通網がストップする

雪の影響で、電車や飛行機が止まってしまうということも考えられます。

午前開始の結婚式だと間に合わないということもあり得るので、開始時間を遅めにして、ゲストが参加しやすい工夫が必要になってきます。

午前開始であれば、前泊できるようホテルを手配するという方法で回避できますね。

屋外の演出ができない

全くできないというわけではありませんが、特に女性のゲストは肌が見える格好をすることが多いので、控えたほうがいいでしょう。

12月に屋外でのフラワーシャワーを経験したことがありますが、雪もちらついて寒く、「なんでこの演出を入れたんだ…」と感じてしまいました。

大階段でのフラワーシャワーは定番ですが、自分の要望よりもゲストのことを気遣って、諦めるという選択も大切です。

12月に結婚式をするなら気を付けておきたいこと

メリットとデメリットがわかったところで、12月の結婚式で気を付けてほしいポイントをご紹介します。

気を付ける点1.建物間の移動がない会場を選ぶ

専門式場やゲストハウスだと敷地全体が結婚式場になっていて、挙式会場と披露宴会場が別の建物になっていることがあります。

外の移動があるとコートを着たり、傘をさす動作も必要になってきますし、何より寒いお思いをするので移動がない結婚式場を選ぶようにしましょう。

結婚式場のタイプで言えば、ホテルが1番おすすめです。

前泊や後泊もできるので交通網の心配も減りますし、1つの建物内ですべて準備できるのでゲストにとっても助かる施設です。

もちろん専門式場やゲストハウスでも、1つの建物内に挙式会場と披露宴会場があるところもありますので、探してみてくださいね。

ゲストハウスで結婚式をしたけど屋外の移動は必要なかったよ
12月の結婚式で屋外移動があって寒かったから、ないほうが嬉しいな~

気を付ける点2.寒さ対策をしっかりする

屋外の移動がなくても、廊下やロビーが寒いという場合があります。暖房がきいていても寒いと感じる人もいるので、寒さ対策ができるかどうかが重要です。

寒さ対策
  • ブランケットを用意しておく
  • ホッカイロを置いておく
  • 温かい飲み物を充実させておく

ブランケットは会場側で用意してあるとこちらの出費が減りますので、用意されているか確認しましょう。

ホッカイロはウェルカムスペースにメッセージ付きで置いておくと、ゲストも使いやすいのでぜひ用意してくださいね。

ロビーや披露宴中に温かい飲み物があると、体の芯から温めることができるので、温かい飲み物が充実しているかのチェックもしてください。

ロビーで温かいお茶を飲んだ時はほっとしたなぁ

気を付ける点3.屋外の演出はしない

フラワーシャワーやバルーンリリース、ブーケトスは屋外でやりたいという希望があると思いますが、天候がどうなるかもわからない季節なのでやらないようにしましょう。

会場にもよりますが、フラワーシャワーやブーケトスは挙式会場でもできます。

演出自体を諦めるのではなく代替案を考え、ゲストが寒い思いをしないようにしてくださいね。

ゲストのことを考えている結婚式は、ゲストにもいい思い出になるね

まとめ

12月の結婚式は、デメリットをカバーすることで素敵な結婚式に変わります。

ゲストとして参加したときは寒い思いこそしましたが、クリスマスムード満点の工夫された楽しい結婚式でした。

年末のため仕事納めで忙しい人も多いでしょうから、数日前のアナウンスもしておくといいかもしれません。

クリスマスの装飾は写真映えもしますし、クリスマスソングも多いので盛り上がること間違いなしです!

これから結婚式をする人にオトク情報!

ブライダルフェアに参加して条件を満たすと、キャッシュバックがもらえることはご存じでしょうか?特におすすめなのが、マイナビウエディングハナユメです。

キャッシュバックをGETして、結婚式費用の足しにしてくださいね!

私たちもマイナビとハナユメどちらも利用したよ!

マイナビウエディング

結婚式場を成約するならマイナビウェディングがおすすめです!

以下のボタンリンクからブライダルフェアに参加した式場で成約すると、6万円分の電子マネーがもらえます。ブライダルフェア参加数は1件だけでも大丈夫なんです!

\マイナビウエディングのキャンペーンに応募するなら/

ハナユメ

ハナユメ割で100万円以上お得になる?!節約してお得に結婚式を挙げたいならハナユメがおすすめ。以下のボタンリンクからブライダルフェアに参加すれば、最大で4万円分の電子マネーがもらえます。

\ハナユメのキャンペーンに応募するなら/

ブライダルフェアでもらえる電子マネーや商品券のキャッシュバック額について、各サイトごとに比較しています。高額キャッシュバックがほしい人は参考にしてみてくださいね。

【毎月更新】ブライダルフェアのキャンペーンでお得に商品券や電子マネーがもらえるサイト比較これから結婚を考えてる方、結婚式をする方必見! ブライダルフェアに参加するともらえるキャッシュバックがあるサイトについて、わかりや...
こんな記事もおすすめ
結婚式の時期・日取り

【2019年版】結婚式にぴったりのお日柄とは?大安以外の選択肢はある?

2019年6月6日
新入社員でも結婚する方法
ブライダルフェアに行く前に決めておいてほしいことのひとつに、日程選びがあります。月日までこだわりたい人もいれば、シーズンだけ選べればいいやと …