ブライダルフェア参加で数万円もらえる!?

ブライダルフェアを予約するときに、マイナビウエディングやハナユメから予約すると数万円のキャッシュバックがもらえることは知っていますか?

キャッシュバック額をサイトごとに比較した表を毎月更新しています。

実際に私も利用して5万円のキャッシュバックをもらったので、みなさんも利用しないと損ですよ!

お役立ち情報

結婚式で節約したけど後悔した項目を大公開【先輩花嫁の体験談】

結婚式の費用は高いから節約したい!

そう思っている人はたくさんいますよね。ですが、「料理のランクを下げて費用削減したい」「できる限り手作りしたい」と節約した結果、後悔してしまうことも…。

今回は、先輩花嫁さんが節約して後悔した項目についてご紹介していきます。

これからブライダルフェアに行く人や準備中の人は、結婚式後に後悔しないよう、今から対策を練っていきましょう!

結婚式で節約して後悔した項目

まずは、先輩花嫁さんたちがどんなことで後悔したかご紹介します
これから会場探しや最終見積もり前の人はぜひチェックしてね!

料理

1番安いランクにして節約したけど、友人の結婚式に行って自分たちの料理が貧相だと感じた。
デザートビュッフェの量が足りずに、全員に平等な量が渡らなかった。

結婚式の費用の中で、最も高くなりやすいのが料理です。節約しようと1番低いランクにすると、品数が足りなかったり使っている食材がよく見かける材料だったりすることも。

また料理のほかにも、ドリンクのランクやウェディングケーキもありますね。

料理もドリンクもケーキも、すべて人数分加算されていきますので、結婚式の費用を左右する項目です。

後悔したポイント:ランクを下げたことによる品数の少なさ、見た目が貧相

引出物

カタログギフトにしたが、ほしいと思える商品が少なかった。
引出物も費用を抑えるために食べ物にしたけど、ゲスト側で招待されたときに同じように引出物が食べ物でがっかりした。私たちの時もそう思われていたと思う。

引出物・引菓子・縁起物の3つは必ず用意するものですが、料理と同様ランクを下げたり数を減らすとゲストががっかりしてしまいます。

引出物で人気なのはカタログギフトですが、ネットでも価格が検索できてしまいますし、百貨店で見かけることもあります。食べ物やタオルなどにした場合も、中身によっては節約したことがわかります。

引出物はご祝儀のお返しに当たりますので、ゲストの気分を害さない範囲で節約したほうがいいですね。

後悔したポイント:安い引出物や数が少ないことでゲストをがっかりさせた

ペーパーアイテム

節約しようと手作りにしたが、デザインを考えたり印刷がスムーズにいかずに時間がかかってしまった。
紙の質にこだわってしまい、最終的に費用が高くなった。

ペーパーアイテムといえば、節約できるものの代表ですよね。結婚式場ではなく自分たちで探して業者に発注したり、1からデザインする人も多いでしょう。

外部業者への発注は印刷も依頼することができるので、そこまで時間がかかりませんが、自分でデザインするとどこまでもこだわることができ、時間がかかってしまうことも。

他にも準備するものが多い結婚式ですから、ペーパーアイテム作成に時間がかかってしまうとストレスがたまることにもなりかねません。紙質にこだわると、材料費が高くなってしまうこともあります。

後悔したポイント:自作がスムーズにいかず、材料費も高くなった

当日の映像

映像系は高かったので当日の映像は購入しなかったけど、後日見返したい気持ちが出てきて購入すればよかった。

映像や写真は、想像している以上に費用が高くなります。写真は親族写真のついでに購入することもありますが、映像は今後見返さないだろうと購入を控える人もいますよね。

ですが、結婚式後に「やっぱり当日の映像が見たい!」と思って結婚式場に連絡してももう販売してもらえず後悔している花嫁さんもいます。

後悔したポイント:式後に欲しいと思っても販売してもらえなかった

ブライダルエステ

当日の写真を見返したが、ドレスからぜい肉がはみ出していて恥ずかしかった。

ブライダルエステは十数万円かかることがあるので、シェービングだけにする人もいますよね。ですが、自分では見えない後ろ姿などは、写真で見返した時に残念に思ってしまうこともあるんです。

自分ではわからない弱点を直してくれるのがエステの役割です。結婚式当日に向けてダイエットや肌荒れを抑えてくれるので、当日の調子もよく、写真を見返しも美しく見えるようになります。

後悔したポイント:ぜい肉や肌荒れが目立った

節約して後悔しないコツ3選

節約を考えるのも大切ですが、後悔しないというのも重要になってきますね。

次に、どうしたら後悔しないで済むかのコツをお伝えします!

コツ1.最低ランクを選ばない

料理や引出物は、1番低いランクのものを選ばないようにしましょう。

最も高いものにする必要はありませんが、中間のランクを選ぶことでゲストの不満を減らし、費用の大幅アップも抑えることができます。

これからブライダルフェアに行く人は、料理の価格帯がどのくらいかチェックするようにしてください。全体的に安価であれば、ランクが高くても問題ないですよね。

また、料理にこだわっているレストランにすれば1番ランクが低くても十分満足できるかもしれません。

  • 料理や引出物は中間のランクを選ぶ
  • レストランで式を挙げれば費用を抑えることができることも

コツ2.DIYは程々にする

手作りするものの種類や、かけられる時間を決めておきましょう。

節約するために手作りするものを増やしてしまうと、時間がかかってしまったり材料費で高くつくことがあります。

なんでもかんでも手作りするのではなく、時には購入したり外注して負担を減らすことが大切です。結婚式場に依頼するよりは、費用を抑えることができますよ。

  • 手作りにかける時間を決めておく
  • 購入や外注でも節約はできる

▼下の記事では、おすすめの購入品やペーパーアイテムの業者を紹介しています。

結婚式の準備で手作りしないってアリ?【大変ならおまかせが吉!辛いなら楽しよう】これから結婚式の準備を始めようとしている・結婚式をしようと思っているあなた。結婚式の準備にどんなイメージがありますか? 多くの人は...

コツ3.メリハリをつける

コツ1で最低ランクを選ばないとお伝えしましたが、全部のランクを上げると費用も高くなってしまいますよね。

全部のランクアップは厳しいという人は、ランクを上げるもの・変えないもののメリハリをつけましょう。

例えば、料理をランクアップしてドリンクは1番安いものにすれば、ドリンクでの費用は上がりません。どちらも安いものだとゲストはがっかりしてしまいますが、料理が豪華であれば問題ありません。

引出物であれば、縁起物だけ価格帯の安いもの(1000円→800円など)にすれば、節約することができます。

あとは、ドレスや装花を豪華なものにせず、ゲストにかかわるものだけランクアップするという手もあります。

  • メインのものはランクアップ、サイドのものは低いランクにする
  • ゲストのものは豪華に、ドレスや装花はシンプルなものにする
無理をしない範囲で準備して、時には外注にお任せすることが大切だね

節約して後悔しないために

結婚式後に後悔が残るのはなるべく避けたいですよね。節約しすぎて後悔するなら、初めから安いプランの結婚式場で贅沢をするというのもアリです。

ホテルや専門式場に比べてレストランの総額は安くなりますし、会費制の結婚式にすればランクアップしても負担を軽減することができます。

 会費制の結婚式について詳しく知りたい人はコチラから!

準備するものも全部DIYすると労力がかかりますので、ストレスがかからないよう調整してください。

これからブライダルフェアに参加する人は、料理が最低ランクでも満足できる量や見た目か、チェックできる試食会付きのフェアに参加しましょう!

これから結婚式をする人にオトク情報!

ブライダルフェアに参加して条件を満たすと、キャッシュバックがもらえることはご存じでしょうか?特におすすめなのが、マイナビウエディングハナユメです。

キャッシュバックをGETして、結婚式費用の足しにしてくださいね!

私たちもマイナビとハナユメどちらも利用したよ!

マイナビウエディング

結婚式場を成約するならマイナビウェディングがおすすめ!ブライダルフェアに参加した式場で成約すると、6万円分の電子マネーがもらえます。ブライダルフェア参加数は1件だけでも大丈夫なんです!

▼マイナビウェディングのキャンペーンに応募するなら下のボタンから!

ハナユメ

ハナユメ割で100万円以上お得になる?!節約してお得に結婚式を挙げたいならハナユメがおすすめ。ブライダルフェアに参加すれば、最大で4万円分の電子マネーがもらえます。

▼ハナユメのキャンペーンに応募するなら下のボタンから!

▼ブライダルフェアでもらえる電子マネーや商品券のキャッシュバック額について、各サイトごとに比較しています。高額キャッシュバックがほしい人は参考にしてみてくださいね。

【毎月更新】5社比較!ブライダルフェアのキャンペーンで電子マネーや商品券がもらえるサイトこれから結婚を考えてる方、結婚式をする方必見! ブライダルフェアに参加するだけでキャッシュバックがあるサイトについて可能な限り分か...
こんな記事もおすすめ