楽天お買い物マラソン開催!2020/1/24(金)~1/28(火)まで

1月9日20:00~1月16日01:59まで楽天市場でお買い物マラソンが開催中!

1店舗でポイント1倍、2店舗でポイント2倍…、最大10店舗でポイント10倍に。

結婚式アイテムを買って、お得に楽天ポイントをGETしましょう!

今のうちに準備しておかなきゃ

他にも条件があって最大44倍のスーパーセールなのでお見逃しなく。

エントリーが必須なので忘れないようにしてくださいね!

\ お買い物マラソンでお得にポイントGET /

私達の結婚体験を4コママンガにしてみました!

\ あなたにぴったりのブライダルフェアを探せるツール /

ブライダルフェアは複数種類があります。以下の質問に答えるだけで、模擬挙式・模擬披露宴・試食会・試着会といった種類の中から、あなたにぴったりのブライダルフェアを見つけます!

Q1
結婚式のイメージが固まっている
結婚式場の探し方

【ハナユメの評判】実際に利用してみた感想と口コミを調査した結果

「ハナユメで結婚式場探しをしようと思うんだけど、評判はどうなの?」

と思っている人も多いのではないでしょうか。

結婚式は費用がかかるので、できるだけ安心できるところを経由して申し込みたいですよね。

ローラさんを使ってるし広告も見かけるけどどうなのかなって気持ちにはなるよね

ハナユメを使おうか迷っている人向けに、私が実際に利用した感想と口コミを調査しました。

結婚式場探しで使いたいハナユメって?

ハナユメと言えば、ローラさんのCMでお馴染みの結婚式場が探せるサイトです。

ハナユメ割という独自の割引サービスを展開しており、場合によっては100万円以上お得になることもあるんです。

そんなに安くなるなら結婚式がやりやすくなるね!
高くて気軽にできないイメージだから、費用が安くなるならハードルが下がるね

どうして100万円も安くなることがあるかというと、結婚式場が埋めたい日時を安く提供しているからです。

土日だと、日曜は翌日が平日のため土曜に比べて人気度は低くなります。

結婚式場としてはなるべく空きがない状態を維持しておきたいので、人気のない空きのある日時を安く売りだしているのです。

準備期間が短いほうがよりお得になる?!

結婚式まで半年以内と準備期間が短いほうが、ハナユメ割はお得になりやすいです。

理由は、準備期間が短いと結婚式を挙げる人が少なくなってきて、空きが埋まらないままになるからです。

半年以内に加えて、下の条件でも安くなりやすいですよ。ハナユメ割を最も有効に使いたい人は、参考にしてくださいね。

お得になりやすい条件
  • オフシーズンの夏冬
  • 大安以外の六曜
  • 日曜日の夜

【体験談】ハナユメを利用するメリット

メリットその1:サイトが使いやすい

ハナユメのサイトは他のサイトに比べてシンプルですが、必要な情報はしっかり掲載されています。

情報が多いとどこを見ればいいか迷っちゃうから、シンプルなサイトって意外と助かる!

写真も多いですし、動画や360度のパノラマ写真もあるんです。

ブライダルフェアに行って実際に見てみることをおすすめしますが、家や通勤中でも式場の雰囲気を感じることができるので、好みの結婚式場が選びやすいですよ。

さらに、実際にブライダルフェアに行った花嫁さんたちの口コミもあります。総合評価もありますが、プランナーや設備といった項目ごとにも採点されていますよ。

平均見学時間も掲載されているので、これからブライダルフェアの計画を立てる人には便利な項目ですよね。

メリットその2:キャンペーンがお得

ブライダルフェアに参加してもらえる商品券目当てで、ハナユメを利用しました。今は電子マネーになっていますが、金額はかなりアップしているのでお得です!

今よりキャッシュバック額は少なかったですが、1万円以上もらえたので、新入社員だった私は大喜びでした(笑)

無料で参加できるのに高額な商品券がもらえるなんて、夢のようなサービスだよね

メリットその3:ハナユメ割で節約できる

ハナユメ割に関しては、「結婚式の費用なんて高いものでしょ」と思って、あまり注目していなかったんです。

ですが、ブライダルフェアで見積書を見てびっくり!7ヵ月前の予定で作成してもらって、60万円引きのハナユメ割がついていました。

ハナユメ割がなければ300万円以上する会場でしたので、かなりお得だな~と思いました。

ハナユメは、節約しつつブライダルフェアもお得に参加したいと思う人にぴったりなサイトです。

【体験談】ハナユメを利用するデメリット

デメリットその1:その式場数が少ない

他のサイトに比べて、結婚式場数が少ないという点が最大のデメリットだなと感じました。

「結婚式はこだわりたいから、たくさんの会場から探したい!」という人なら、他のサイトを使ったほうがいいかなと思います。

逆に、私のように「エリアは決まっているけど、時間もないし早めに決めたい」という人なら、ハナユメはおすすめです。限られた情報量の中から選ぶので、迷う時間が少なくなりますよ。

デメリットその2:全国展開していない

残念なのが、全国展開されていないことです。

関東・東海・関西・沖縄であれば問題ないですが、東北・北陸・九州の一部などはないので、他のサイト経由で探すしかありません。

電車広告も増えて知名度も高くなってるから、今後に期待だね

デメリットその3:1年前だとそこまで安くならない

7ヵ月前で60万円のハナユメ割がついたとお伝えしましたが、100万円以上の値引きをしたいならやはり半年以内がいいです。

同じ結婚式場で半年以内と8ヵ月後のハナユメ割を比較した場合、どのくらい差があるのかを調べてみました。(2019年7月の情報です。)

半年以内のハナユメ割
8ヵ月後のハナユメ割

こんなにも差があるんです!29万円でも嬉しいですが、117万円と比べるとしょぼく感じてしまいますね。

半年以上先でもハナユメ割はありますが、高額値引きを狙うなら半年以内がオススメです。

ハナユメの口コミも調査

私の体験談をご紹介しましたが、他の人の口コミも気になりますよね。

TwitterとInstagramでハナユメを利用した方のコメントを探してみたので、ぜひ参考にしてくださいね!

ハナユメをおすすめしている人の意見だね!ハナユメ割があると結婚式もしやすいよね

希望の会場でハナユメ割があるなんてすごいお得だな~

他のサイトと比べて会場数が少ないという意見もあるね

口コミを調べていると、ウェディングデスクに行っている人も多かったです。

アドバイザーに相談できるので、結婚式について何も知識がない…という状況なら相談してみてくださいね!

一方で、会場数が少ないという意見もありました。

ハナユメはサイト以外にもウェディングデスクやフォトにも力を入れているので、今後エリア拡大と会場数が増えることを期待しています。

ハナユメは卒花に支持されるサイト

結婚式=高額なイメージがまだありますが、ハナユメ割を使えば、節約しながら理想の結婚式を作ることができます。

「ハナユメ割でお得になった!」という口コミも多くあったので、安心してハナユメを使ってほしいなと思います。

まずは、良いなと思う結婚式場をいくつかピックアップしてみましょう。

サイトはシンプルで使いやすいので、初めて結婚式場探しをする人にもオススメです。

ブライダルフェアに行ってキャッシュバックもGETしつつ、ハナユメ割でお得に結婚式を挙げてくださいね!

これから結婚式をする人にオトク情報!

ブライダルフェアに参加して条件を満たすと、キャッシュバックがもらえることはご存じでしょうか?特におすすめなのが、マイナビウエディングハナユメです。

キャッシュバックをGETして、結婚式費用の足しにしてくださいね!

私たちもマイナビとハナユメどちらも利用したよ!

マイナビウエディング

結婚式場を成約するならマイナビウェディングがおすすめ!

ブライダルフェアに参加した式場で成約すると、8万円分の電子マネーがもらえます。

ブライダルフェア参加数は1件だけでも大丈夫なんです!

\マイナビウエディングのキャンペーンに応募するなら/

ハナユメ

ハナユメ割で100万円以上お得になる?!

節約してお得に結婚式を挙げたいならハナユメがおすすめ。

ブライダルフェアに参加すれば、最大で4万円分の電子マネーがもらえます。

\ハナユメのキャンペーンに応募するなら/

ブライダルフェアでもらえる電子マネーや商品券のキャッシュバック額について、各サイトごとに比較しています。高額キャッシュバックがほしい人は参考にしてみてくださいね。

【毎月更新】6社比較!ブライダルフェアのキャンペーンでお得に商品券や電子マネーがもらえるサイトこれから結婚を考えてる方、結婚式をする方必見! ブライダルフェアに参加するともらえるキャッシュバックがあるサイトについて、わかりや...
こんな記事もおすすめ
結婚式場の探し方

【ブライダルフェアをお得に予約する方法】ゼクシィ以外の結婚式情報サイトまとめ

2019年5月12日
新入社員でも結婚する方法
ゼクシィで結婚式場を探そうとしているあなた。 結婚式場を検索できるサイトはゼクシィ以外にもあるんです!しかも、お得にブライダルフェアを …
結婚式場の探し方

結婚式場の下見っていつから行けばいいの?【初めての人必見のチェックポイント】

2019年9月17日
新入社員でも結婚する方法
結婚式についてまず悩むのが「いつ頃から下見に行けばいいの?」ということです。 下見1件目はドキドキするので、先延ばしにしてしまう人も多 …