私達の結婚体験を4コママンガにしてみました!

\ あなたにぴったりのブライダルフェアを探せるツール /

ブライダルフェアは複数種類があります。以下の質問に答えるだけで、模擬挙式・模擬披露宴・試食会・試着会といった種類の中から、あなたにぴったりのブライダルフェアを見つけます!

Q1
結婚式のイメージが固まっている
節約術

ゲストにも新郎新婦にもお得な会費婚とは?【会場探しや費用を徹底調査】

「ゲストの負担も少なくして、心から楽しんでくれる結婚式にしたい!」

そんな風に思っている人にオススメなのが、会費婚です。

結婚式は新郎新婦にとってはもちろん費用負担が大きいですが、ゲストも負担が大きいですよね。

今回は、おふたりの負担も減らしつつ、ゲストの負担も減らせる会費婚についてご紹介します!

こんな人にも読んでもらいたい!

  • 結婚式の費用が高すぎる!
  • 海外挙式後のパーティをしたい

会費婚ってなに?

事前に会費を設定しておき、設定した金額をゲストからいただく形式です。

通常、ご祝儀は3万円からになりますが、会費婚なら1~2万円程度で済むのでゲストにとっても嬉しいスタイルです。

金額が決まっているので、「いくら包もうか」「多めに包んでもらったからお返しをしないと」などの悩みも出てこないのが特徴です。

親族だと多めに包むこともあるけど、いくらにしようか迷うもんね
お返しも何を渡せばいいか迷うから、金額が決まってるのはありがたい!

ご祝儀制の結婚式は、結婚式場の進行に沿って挙式+披露宴が行われるので、厳かな雰囲気の中で式ができますが自由度は低めです。

一方で、会費制は格式ばったものではなくパーティのような感覚で、おふたりの自由に進行を進めていくことができるのも特徴です。

会費婚のメリットとデメリットを比較

会費婚のメリット

会費婚のメリットは、

  • ゲストの負担額が少ない
  • 会費が決まっているので費用負担を計算しやすい
  • 式を自由に作れるのでアットホームな雰囲気にしやすい

ということです。

会費の相場は1~2万円なので、ご祝儀制に比べると半額程度で済みますよね。3万円だと高いなと感じることが多いですが、1万円なら気軽に参加できるのではないでしょうか?

また、会費が決まっているのでおふたりの負担額も計算しやすいのが嬉しいポイント。ご祝儀だと「誰がいくら包んでくれるか」という心配がありますが、そういった心配はありません。

持ち込みも自由なので、おふたりの雰囲気や理想に合った結婚式を作りやすく、ゲストと会話を楽しみながらリラックスして過ごすことができます。

会費婚のデメリット

会費婚のデメリットは、

  • パーティのような雰囲気で年配のゲストには合わないことも
  • 高級感のある式場やホテルではなくレストランが多い
  • 引出物や引菓子がないため、がっかりするゲストもいる

ということです。

北海道では当たり前になっている会費制の結婚式ですが、全国的にみると一般的ではありません。ゲストの中に会社の上司や親族がいる場合、慣れていないためあまり良いイメージを持たれないこともあります。

会場はホテルやゲストハウスからも選ぶことができますが、多いのはレストランです。食事をメインで楽しむのであれば問題ないですが、高級感のある設備やサービスを求める人には向いていない印象です。

会費制はゲストの費用が半額になるため、引出物がないのは当然ですが、「ないの?」と思うゲストも少なからずいるかもしれません。

そういった不満が出てこないように、あらかじめ招待状に記載するなどの対策は必要になってくるかもしれません。

会費婚ができる会場の探し方

検索方法1.アールキューブの「会費婚」

自己負担5万円+ゲストからの会費のみで、従来のご祝儀制のような挙式と披露宴ができる会費婚。年配のゲストが多いのなら、使ってほしいサイトです。

5万円のプランに含まれているのは以下の通りです。

料理・飲み物・ケーキ・控室・専属プランナー・カメラマン・音響・司会・介添え・ヘアメイク・装花・ブーケブートニア・プチギフト・芳名帳・人前式・結婚証明書・ウェルカムボード・ペーパーアイテム(招待状・席次表・席札)

内容も充実しているのに5万円なんて、コスパがいいね!

ですが、残念ながら5万円のプランには、ウェディングドレスやタキシードといった衣装は含まれていません。持込料は無料ですが、衣装も含めて検討したい人には25万円のプランがあります。

「25万円って高いな…」と感じるかもしれませんが、従来のご祝儀制結婚式と比べると断然安いんです。

会費婚で結婚式場を探したい人は、下のボタンから公式サイトにアクセスしてください!

検索方法2.ネクストビートの「1.5次会.com」

1.5次会.comは、北海道~沖縄まで全国的に結婚式場探しができるので、どの地域に住んでいてもおすすめしたいサイトです。

なんと、東京都だけでも1,000件以上から探すことができるんです!ホテルやゲストハウスも選べるので、従来のようなフォーマルな結婚式も実現できますよ。

着席コーススタイル着席ビュッフェスタイル立食ブッフェスタイルからパーティスタイルを決めることができるので、ゲスト層に合わせた結婚式を作ることができます。

会費の相場はパーティスタイルや会場によっても異なってきますが、下の表を参考にしてみてください。

スタイル 会費幅 平均会費
着席コーススタイル 13,000円~18,000円 15,000円
着席ビュッフェスタイル 10,000円~15,000円 13,000円
立食ブッフェスタイル 8,000円~12,000円 10,000円
コースでも平均15,000円だから、ご祝儀制に比べて半額だね!

含まれているオプションは、結婚式場のプランによって変わってきます。「どんな会場があるか気になる!」と思った人は、下のボタンから探してみてくださいね。

検索方法3.マイナビの「マイナビウエディング」

東京・神奈川・千葉限定になりますが、マイナビウエディングでも探すことができます。

上のリンクもしくは下のボタンから公式サイトにアクセスすると、「合計金額からの検索」か「1人当たりの会費から検索」することができますよ。

検索結果一覧で料金例が出るので、ぱっと見でどのくらい費用が必要になるか把握できて、使いやすいサイトだと思います。

さらに嬉しいのが、マイナビウエディング経由で結婚式場を探すと、電子マネーがもらえるキャンペーンに参加できることです!

総額50万円以上という条件がありますが、15,000円の会費でゲスト40人を招待すれば60万円になるので、余裕で超えますよ。

関東で結婚式を挙げる予定の人は、マイナビウエディングでお得なキャッシュバックキャンペーンに参加してくださいね!

まとめ

費用負担が心配で結婚式を諦めようと思っているカップルにおすすめな、会費制の結婚式をご紹介しました。

何百万とかかってくるイメージですが、実は選ぶプランによってぐっと費用は抑えられるんです!

海外挙式の後のお披露目にもぴったりなので、「挙式に呼べなかった友人とも、結婚の報告も兼ねてお話ししたい!」という人は、活用してみてください。

ゲストの負担も減らすことは、良い結婚式にも繋がります。費用面で諦めずに、思い出に残る素敵な結婚式を会費制結婚式で探してくださいね。

これから結婚式をする人にオトク情報!

ブライダルフェアに参加して条件を満たすと、キャッシュバックがもらえることはご存じでしょうか?特におすすめなのが、マイナビウエディングハナユメです。

キャッシュバックをGETして、結婚式費用の足しにしてくださいね!

私たちもマイナビとハナユメどちらも利用したよ!

マイナビウエディング

結婚式場を成約するならマイナビウェディングがおすすめです!

以下のボタンリンクからブライダルフェアに参加した式場で成約すると、6万円分の電子マネーがもらえます。ブライダルフェア参加数は1件だけでも大丈夫なんです!

\マイナビウエディングのキャンペーンに応募するなら/

ハナユメ

ハナユメ割で100万円以上お得になる?!節約してお得に結婚式を挙げたいならハナユメがおすすめ。以下のボタンリンクからブライダルフェアに参加すれば、最大で4万円分の電子マネーがもらえます。

\ハナユメのキャンペーンに応募するなら/

ブライダルフェアでもらえる電子マネーや商品券のキャッシュバック額について、各サイトごとに比較しています。高額キャッシュバックがほしい人は参考にしてみてくださいね。

【毎月更新】7社比較!ブライダルフェアのキャンペーンでお得に商品券や電子マネーがもらえるサイトこれから結婚を考えてる方、結婚式をする方必見! ブライダルフェアに参加するともらえるキャッシュバックがあるサイトについて、わかりや...
こんな記事もおすすめ