私達の結婚体験を4コママンガにしてみました!

\ あなたにぴったりのブライダルフェアを探せるツール /

ブライダルフェアは複数種類があります。以下の質問に答えるだけで、模擬挙式・模擬披露宴・試食会・試着会といった種類の中から、あなたにぴったりのブライダルフェアを見つけます!

Q1
結婚式のイメージが固まっている
結婚式のスタイル

ナイトウエディングにおすすめの演出や迷惑にならない方法は?

幻想的な大人な雰囲気を作れるナイトウエディング。

通常、結婚式は日中に行なうので、参列経験がある人は少ないのではないでしょうか?

わからないことだらけのナイトウエディングのメリットやデメリット、注意する点やおすすめの演出をまとめてみました。

ナイトウエディングのメリット

メリット1.人気の日程が空いていることも

結婚式で人気の時間帯は昼間なので、ナイトウエディングをする夕方から夜は空いていることがあります。

結婚式のオンシーズンや大安は、1年以上前から予約が入っていることも多いです。

私たちは昼間の時間帯で希望しましたが、ブライダルフェア中に他のカップルに予約された経験があります。

昼間の時間帯はすぐに予約が入りますが、夜は比較的空いているので、ゆっくり結婚式場探しができますね。

安く結婚式ができる時期がある?結婚式の時期で迷ったら、以下の記事をチェック!

結婚式の時期の決め方は?【相場や価格差について徹底比較】これからブライダルフェアに参加しようとしている人は「結婚式の時期はいつ頃がベストなのかな?」と考えているのではないでしょうか。 結...

メリット2.幻想的な雰囲気が作れる

ナイトウエディングと聞いて想像するのは、キャンドルの光がともされた幻想的な雰囲気ではないでしょうか?

会場内にもおすすめですが、ガーデンウエディングにはもってこいですよね。

木々にライトをつるしてみたり、地面に置いて見たり…ライト置くだけで大人な空間を作り出すことができます。

メリット3.演出の幅が広がる

ライトアップも夜ならではの演出ですが、他にもナイトウエディングにしかできない演出があります。

  • 花火
  • 街のイルミネーションを活用

結婚式場によっては、花火を演出の一部として取り入れているところがあります。

自分たちのためだけに花火が上がるなんて、特別感たっぷりですよね。

花火大会は混雑するし、ゆっくり見れるのもいいよね

また、何も用意しなくても街のイルミネーションだけで、おしゃれな演出になります。

関東なら東京タワーが見える会場がおすすめです!

【関東で結婚式】東京タワーが見える結婚式場5選「東京で結婚式をしたいけど、数が多くて決められない!」 というお悩みを持っている人におすすめなのが、東京タワーが見える結婚式場です...

メリット4.ゆっくり準備できる

結婚式当日の朝は、バタバタしてゆっくり準備する時間がありません。

ナイトウエディングなら朝ゆっくり過ごすことができるので、気持ちに余裕が持てますよ。

メリット5.若いゲストには嬉しい

朝ゆっくり過ごせるというのは、新郎新婦だけではありませんね。

早朝から美容室に行ったり、少し遠方だと早めに移動したりということがないので、ゲストにとっても時間の余裕があります。

僕の結婚式とか友人の結婚式とか、寝坊してこない人がいたよ!

ナイトウエディングのデメリット

デメリット1.曜日が限られる

ナイトウエディングをするなら、土曜か翌日祝日の曜日を選んだほうが無難です。

なぜなら、翌日が平日だとゲストも仕事があって迷惑だからです。

金曜の夜も翌日が休日になりますが、定時で仕事が終われない人もいますし、着替えや美容室など準備の時間も必要になります。

人気の日程で予約が取れる反面、曜日は限られてくるので、希望する日で挙げられないこともあると思っておきましょう。

デメリット2.子連れや年配のゲストには厳しい

子連れのゲストや年配のゲストの生活時間に合っていない時間帯です。

特に子どもは、昼間の結婚式でもくずることがことがあるのに、夜ならなおさら眠くてくずってしまいます。

結婚式当日までは「ぐずっても大丈夫!」なんて思えてしまいますが、いざ当日泣かれると「なんで…」と根に持ってしまうものです。

年配の人は招待する分には問題ないですが、常識がない2人と思われ続けてしまうことも。

デメリット3.遠方のゲストが帰れない

遠方からゲストを招待するときは朝ゆっくり向かうことができますが、帰りは電車がないということもあります。

遠方のゲストが多ければ、タクシー代を出したり宿泊費がかさんでしまいますね。

デメリット4.二次会ができない

ナイトウエディング後に二次会はおすすめできません。

結婚式が終わる時間も遅いのに、そこから準備をしてスタートとなると、二次会の終了時間も遅くなりますよね。

土曜の夜にしたとしても、翌日仕事の人もいます。

ゲストのことを考えるなら、二次会はしないほうがいいでしょう。

デメリット5.太陽の下で写真が撮れない

どうしようもないことですが、太陽がキラキラ輝くもとでは写真が撮れません。

現代のカメラ技術は進んでいるのできれいには写りますが、屋外だと暗さが目立ってしまいます。

どうしても太陽のもとで撮りたいのであれば、フォトウエディングで叶えましょう。

フォトウェディングのみが人気の理由【おすすめのサイトや費用は?】最近は、結婚式をしないナシ婚の形態が増加傾向にあります。特に女性より男性のほうが結婚式はしたくない派が多いのではないでしょうか? ...

ナイトウエディングで迷惑にならない方法

デメリットを踏まえた上で、ナイトウエディングでゲストに迷惑がかからない方法を紹介するね
迷惑がかからない方法
  • 土曜か翌日祝日で挙げる
  • 遠方のゲストには宿泊費を出す
  • 防音ルーム完備の会場にする

土曜か翌日祝日で挙げる

ナイトウエディングをするなら、曜日選びは1番重要なポイントです。

おふたりは翌日休暇を取っていても、ゲストはわざわざ休暇は取りません。

平日の夜も、仕事が終わらなかったり準備時間がないのでNGです。

翌日が休みかつ結婚式当日も休日を選んでください。

遠方のゲストには宿泊費を出す

まずは、どのくらい遠方なのか確かめましょう。

宿泊費を渡さなければいけないゲストが多ければ、おふたりの負担が大きくなってしまいます。

確かめた上で、新幹線や飛行機の距離のゲストがいれば、あらかじめ宿泊費を出すことを伝えておきましょう。

宿泊費を出してもらうことがわかっていれば、参列するかどうかで迷うゲストも少なくなりますよ。

防音ルーム完備の会場にする

子連れのゲストがいる場合ですが、挙式会場に防音ルームがある結婚式場を選びましょう。

披露宴はざわついている時間も多いので、泣いたら外に連れて行けますが、挙式は厳かな雰囲気で行なわれます。

初めから防音ルームにいれば挙式の邪魔にもなりませんし、部屋に小窓がついていることも多いので、子どものお母さんやお父さんが挙式を見ることもできます。

ナイトウエディングにおすすめの演出

おすすめの演出もリストアップしておくね
  • ライトアップやイルミネーションなど光を使う
  • 花火
  • キラキラしている装飾など夜を連想させるドレスにする
  • プロジェクションマッピング

ナイトウエディングをするなら光を使った演出が1番おすすめです!幻想的な雰囲気で、ゲストにも驚いてもらえるでしょう。

ドレス選びも、青やグレーなどにすると、ナイトウエディングにぴったりです。

まとめ

ナイトウエディングをするなら、

  • 土曜か翌日祝日で挙げる
  • 遠方のゲストには宿泊費を出す

ことを注意しておきましょう!

朝ゆっくり準備できるなどゲストにとっても嬉しいメリットがあります。

夜の結婚式に慣れていない人も多いので、ゲストのことを考えて素敵なナイトウエディングをつくっていってくださいね。

ナイトウエディングができる結婚式場を探すなら、相談カウンターに行ってみよう!注意点なども教えてもらえますよ。

結婚式場の探し方で悩んでいるなら相談カウンターがおすすめ! どうやって探したらいいかわからない 理想の結婚式場を見つけられない 交渉したいけど自分たちでできるか不安 ...

これから結婚式をする人にオトク情報!

ブライダルフェアに参加して条件を満たすと、キャッシュバックがもらえることはご存じでしょうか?特におすすめなのが、マイナビウエディングハナユメです。

キャッシュバックをGETして、結婚式費用の足しにしてくださいね!

私たちもマイナビとハナユメどちらも利用したよ!

マイナビウエディング

結婚式場を成約するならマイナビウェディングがおすすめです!

以下のボタンリンクからブライダルフェアに参加した式場で成約すると、6万円分の電子マネーがもらえます。ブライダルフェア参加数は1件だけでも大丈夫なんです!

\マイナビウエディングのキャンペーンに応募するなら/

ハナユメ

ハナユメ割で100万円以上お得になる?!節約してお得に結婚式を挙げたいならハナユメがおすすめ。以下のボタンリンクからブライダルフェアに参加すれば、最大で4万円分の電子マネーがもらえます。

\ハナユメのキャンペーンに応募するなら/

ブライダルフェアでもらえる電子マネーや商品券のキャッシュバック額について、各サイトごとに比較しています。高額キャッシュバックがほしい人は参考にしてみてくださいね。

【毎月更新】7社比較!ブライダルフェアのキャンペーンでお得に商品券や電子マネーがもらえるサイトこれから結婚を考えてる方、結婚式をする方必見! ブライダルフェアに参加するともらえるキャッシュバックがあるサイトについて、わかりや...
こんな記事もおすすめ
結婚式のスタイル

【少人数結婚式で演出は必要?】少人数ウェディングの疑問を体験談をもとに解説

2019年7月10日
新入社員でも結婚する方法
「少人数ウェディングって?」「演出は必要なの?」と疑問がある人向けに、私の体験談を基にした少人数結婚式についてご紹介します! 結婚式と …