私達の結婚体験を4コママンガにしてみました!

\ あなたにぴったりのブライダルフェアを探せるツール /

ブライダルフェアは複数種類があります。以下の質問に答えるだけで、模擬挙式・模擬披露宴・試食会・試着会といった種類の中から、あなたにぴったりのブライダルフェアを見つけます!

Q1
結婚式のイメージが固まっている
結婚式場の探し方

【安い結婚式場の探し方】関東・東海・関西で節約するなら検索サイトが重要!

関東・東海・関西で結婚式を挙げようと思っているあなた!

「もっと安く結婚式ができないかな~」と思っていませんでしょうか?

実は、値引き交渉なしで結婚式費用をぐっと抑えることができる方法があるんです。

費用を抑える方法は、ブライダルフェアや式場見学を予約するサイトを変えることです!

結婚式の平均費用やオススメの検索サイトをご紹介します

\ オトクに結婚式をするなら /

結婚式にかかる平均費用

結婚式にかかる平均費用

結婚式でかかった費用がいくらかアンケートしたところ、

全国平均は357.5万円

という結果になりました。(出典:ゼクシィ 結婚トレンド調査2018調べ)

2012年からの調査と比較すると、増加傾向にあります。

一方で、招待客の人数は減少傾向にありました。

ゲスト1人あたりにかける費用が高くなっているんだね
オリジナルの料理など、ゲストに喜んでもらえるような工夫が多くなってきているよね

エリアごとの結婚式平均費用

エリアごとの平均費用もまとめてみました。

エリア平均費用
北海道194.6万円
青森・秋田・岩手 335.6万円
茨城・栃木・群馬379.9万円
首都圏 372.4万円
富山・石川・福井 342.3万円
東海357.0万円
関西348.8万円
四国 361.1万円
九州 377.6万円

(出典:ゼクシィ 結婚トレンド調査2018調べ)

北海道は会費制の結婚式が主流なため、他のエリアと比較して費用があまりかかっていません。

他のエリアに関しては、300万円越えとかなり平均費用が高くなっていますね。

結婚式の費用ってもっと安くならないのかな
実は誰でも安くできる方法があるんだ!
誰でも?!そんなことができるなんて方法が知りたい!

ブライダルフェア予約サイトで価格が変わる

最大手はゼクシィ

結婚式場探しの最大手と言えば、「プロポーズされたら…」でお馴染みのゼクシィですよね。

大手ということもあり、結婚式場数はピカイチです。

ただ、そこまで大きな割引はありません。なので、

とりあえずゼクシィでブライダルフェアを予約しとこう

と思っていると多額の結婚式費用をそのまま支払う羽目に…。

関東・東海・関西で結婚式をするなら

結婚式場探しやブライダルフェアの予約ができるのは、ゼクシィだけじゃないんです。

他の検索サイトを使うだけで、大幅値引きや嬉しい特典がもらえることも!

関東・東海・関西エリアをメインに対応しているサイトは、比較的安いプランを探すことができます。

節約できるサイトは、次でご紹介します。

値引き交渉をしなくても安くなるなら、誰でも簡単に費用をおさえることができるね!
もちろん、さらに値引き交渉をしても大丈夫!

うまく値引き交渉する方法については、以下の記事でまとめています。

【結婚式で節約するなら】値引きを交渉するタイミングは成約前がベスト! 結婚式の費用って値下げできるの? 交渉って簡単じゃないでしょ? こんな風に思って、値下げ交渉をしないなんても...

費用が安くなる結婚式場検索サイト

関東・東海・関西で結婚式をする予定の人にオススメなのが、ハナユメHIMARI(ヒマリ)マイナビウエディングです。

1.ハナユメ

ローラさんでお馴染みのハナユメは、「ハナユメ割」という割引サービスを提供しています。

式場が埋めたい日程を安く提供しているだけなので、ドレスも料理もランクダウンすることはないんです。

埋めたい日程って?
  • オフシーズンの夏冬
  • 仏滅
  • 日曜日の夜

結婚式で人気なのは、気候の良い春秋・大安・土曜のお昼です。

それ以外の日程に関しては半年以内でも空きがあることがあるので、安く提供して集客アップを目指しています。

埋めたい日程を網羅すると、100万円以上お得になる可能性もありますよ!

\ ハナユメで検索するならこちらから /

2.HIMARI(ヒマリ)

HIMARIは、結婚式場の空き状況のチェックと仮予約までWEBでできる業界初のサービスです。

今までブライダルフェアの予約はできるサイトはあったのですが、仮予約までできるサイトはありませんでした。

「ブライダルフェアに行ったのに、希望の日程が埋まっていた」なんて悲しすぎますよね…。

HIMARIでできることは、空き状況のチェックだけではありません。

HIMARIでできること
  • 挙式日or自己負担額から検索
  • 基本プランが99万円以下
  • 自分でオプション追加ができる

自己負担額(ご祝儀や両親の援助を除く)で結婚式場を探せるので、高くなりすぎる式場を選ぶ心配がありません。

仮予約のキャンセル料はかからないので、関東・東海・関西の人はぜひ使ってほしいです。

\ HIMARIで検索するならこちらから /

3.マイナビウエディング

マイナビウエディングにも、3ヵ月以内なら安く結婚式が挙げられる「直前オトクプラン」というサービスがあります。

「3ヵ月以内でも結婚式の準備ってできるの?」と思いますよね。

1年前から成約した際のスケジュール
  • プランナーとの打ち合わせは、3~4ヵ月前
  • 準備が本格的に忙しくなるのは、1~2ヵ月前

1年前から結婚式場を決めていても、準備が始まるのは直前なんです。

そう考えると3ヵ月前って意外と余裕があるんですよ。

通常よりもお得or嬉しい特典がつくので、マタニティウエディングやお急ぎの人には使ってほしいサイトです。

\ マイナビで検索するならこちらから /

さらに節約するならプロに相談もオススメ

検索サイトを変えるだけ、結婚式費用が節約できるということがわかりました。

でももっと節約できたらいいなと思いませんか?

そんなあなたにピッタリなのが、結婚式場が運営している相談カウンターです。

ハナユメウエディングデスクマイナビウエディングサロンを使うと、キャッシュバックキャンペーンにも参加できます。

相談カウンターって何ができるの?
  • おふたりに合った結婚式場探し
  • 式場見学の手配
  • 見学時のチェックポイントを教えてくれる
  • 見積もりの相談
  • 条件交渉
  • 成約やキャンセルの電話代行

結婚式についての悩みからキャンセルの代行までしてくれます。

何から始めたらいいかわからないって人にもいいんだね!
安いプランからさらにお得になるなんて嬉しすぎる!

各相談カウンターの紹介やどの相談カウンターを使えばいいか迷ったら、以下の記事をチェックしてみてくださいね。

結婚式場の探し方で悩んでいるなら相談カウンターがおすすめ! どうやって探したらいいかわからない 理想の結婚式場を見つけられない 交渉したいけど自分たちでできるか不安 ...

まとめ

結婚式で節約するなら、ブライダルフェアや式場見学に行く際の検索サイトが重要です。

ハナユメやHIMARIには、結婚式場や時期によって大幅値引きプランもあります。

「結婚式は高いから何かを諦める」のではなく、検索サイトをうまく活用して、お得に結婚式を挙げてくださいね!

式場探しで迷ったら相談カウンターも行ってみてね

これから結婚式をする人にオトク情報!

ブライダルフェアに参加して条件を満たすと、キャッシュバックがもらえることはご存じでしょうか?特におすすめなのが、マイナビウエディングハナユメです。

キャッシュバックをGETして、結婚式費用の足しにしてくださいね!

私たちもマイナビとハナユメどちらも利用したよ!

マイナビウエディング

結婚式場を成約するならマイナビウェディングがおすすめ!

ブライダルフェアに参加した式場で成約すると、8万円分の電子マネーがもらえます。

ブライダルフェア参加数は1件だけでも大丈夫なんです!

\マイナビウエディングのキャンペーンに応募するなら/

ハナユメ

ハナユメ割で100万円以上お得になる?!

節約してお得に結婚式を挙げたいならハナユメがおすすめ。

ブライダルフェアに参加すれば、最大で4万円分の電子マネーがもらえます。

\ハナユメのキャンペーンに応募するなら/

ブライダルフェアでもらえる電子マネーや商品券のキャッシュバック額について、各サイトごとに比較しています。高額キャッシュバックがほしい人は参考にしてみてくださいね。

【毎月更新】6社比較!ブライダルフェアのキャンペーンでお得に商品券や電子マネーがもらえるサイト2020年3月更新 ブライダルフェアの参加や結婚式場成約でもらえるキャッシュバックやキャンペーンについて、わかりやすく徹底比較しま...
こんな記事もおすすめ
結婚式場の探し方

【マイナビウエディングのキャンペーン】電子マネーや商品券以外ももらえるって本当?

2019年5月14日
新入社員でも結婚する方法
「ブライダルフェアを予約したいけど、どのサイトから予約したらいいのかな?」と思っているあなた。迷っているなら、成約するとお得になるキャンペー …
結婚式場の探し方

結婚式場の下見っていつから行けばいいの?【初めての人必見のチェックポイント】

2019年9月17日
新入社員でも結婚する方法
結婚式についてまず悩むのが「いつ頃から下見に行けばいいの?」ということです。 下見1件目はドキドキするので、先延ばしにしてしまう人も多 …